血糖値を下げる秘訣|食品を賢く活用するコツ

ダイエット

血糖値が気になる場合

栄養補助食品

最近では生活習慣の乱れなどで、食生活も乱れている人が少なくありません。その中には血糖値が気になる人もいるかもしれません。気になる血糖値を何とかするためには、生活習慣の見直しが必要となりますが、それ以外にも工夫出来ることがあります。それは特定保健用食品を利用することであります。血糖値が気になり始めた人向けの特定保健用食品の成分には、グァバ茶ポリフェノールやL-アラビノース、トウチエキスや小麦アルブミン、難消化性デキストリンなどがあります。これらは糖の吸収を遅らせたり、糖を分解する消化酵素を阻害する働きなどによって食後の血糖値の上昇を抑える効果が期待されています。これらの特定保健用食品を食事と一緒に摂取することで、血糖値を抑えるメリットが得られます。

血糖値が気になり始めた人向けに販売されている、特定保健用食品が注目を集めています。実際に使用している人も少なくありません。ただしこれらの食品を使用するにあたり注意することもあります。この食品は空腹時の血糖を下げることはなく、健康な人が飲んでも心配はないとされています。しかし糖尿病の治療を受けていたり、血糖値を下げる薬を飲んでいる人は、血糖値を必要以上に下げる可能性があると言われています。血糖値を必要以上に下げると低血糖という状態を起こします。低血糖になると、冷や汗や生あくび、異常な空腹感や倦怠感などを生じます。時には意識を失ってしまうことがあるので注意することが大切です。そのため糖尿病中の人は、医師から処方された薬をきちんと使って、定期的に受診しましょう。